Ryukyu BINGATA

お知らせ

2020年02月17日

琉球びんがた・琉球伝統芸能「包括連携協定」締結発表記者会見を開催しました

2020年2月17日午後2時より、沖縄県庁にて琉球びんがた・琉球伝統芸能「包括連携協定」締結発表記者会見を開催させて頂きました。

 

一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム以下、びんがたコンソ は、 2019 年4月に発足し、琉球びんがたのデザイン活用・知財活用を核とした工芸の新しいビジネスモデルの構築及びびんがた体験メニュー開発等のコト消費の拡大に関する取組み、いい色琉球びんがたの日(11 月 16 日 制定等、びんがたの普及啓蒙活動を重ねてまいりました。

 

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室(以下、琉芸デザイン)は 2019 年 4 月に発足し、琉球王朝時代の高貴な『うとぅいむち』 おもてなし を甦らせることを理念に、「琉球伝統芸能=宮廷芸能」にこだわり、原点である少人数・小空間を基にした上質な琉球芸能を提供すべく 、 首里城を含めた沖縄県内や東京での上演を進めてまいりました。

 

琉球王朝の庇護の元、琉球びんがたと琉球伝統芸能は、共にその発展の歴史を刻んでいる中、 2019 年に発足した両団体は、各々の業界の抱える課題や可能性を共有しており、そのビジョンやミッションにおいても重なる部分があります。また 2019 年 5 月には沖縄県から初めて「日本遺産」として「琉球王国時代から連綿と続く沖縄の伝統的な『琉球料理』と『泡盛』そして『芸能』」が認定され、「沖縄そして日本の文化芸術の発信」がどうあるべきか問われています。

 

この度、「びんがたコンソ」と「琉芸デザイン」は、包括連携協定を結ぶことで、より明確なビジョンを持ち、双方の魅力を一層引き出し、『琉球王朝の魅力発信』を進めて参ります。

 

記者会見風景:

 

 

入会案内はこちら

お問い合わせ

  • facebook
  • instagram

メールマガジンのご登録

page top