Ryukyu BINGATA

お知らせ

2021年10月01日

【3社包括連携のお知らせ】琉球王国時代の理念と美を追求 <琉球の美>「伝統」と「革新」によるイノベーション

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室、一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム、一般社団法人琉球料理保存協会は、それぞれ 2019 年 4 月に法人を設立いたしました。

 

三社はそれぞれに、琉球王国時代に築き上げられた「おもてなし」の精神、いわゆる「うとぅいむち」を現代でどう活かすことができるかをキーワードとして考え、復元のみならず、再現も視野に入れ、琉球の美=本物を追求するとともに、次世代に向けた持続可能な開発目標を掲げ活動を行っています。
また、同年の 5 月 20 に沖縄県では初めて「日本遺産」として「琉球王国時代から連綿と続く“料理”と“泡盛”そして“芸能”」が認定されたことは、単なる偶然ではないとも感じております。
 
三社は、これまでに国や県の事業等を通じて関わることができ、互いの活動について情報交換等を行なう機会に恵まれました。古(いにしえ)の先人たちが残した大切な文化芸術を質の高い状態で、どのようにして後世に伝えていくことが重要かなどを議論しておりました。議論を重ねる毎に、独自の活動だけでなく、包括連携を行うことで、より充実した取り組みになるのではないかとも感じておりました。
 
琉球伝統芸能デザイン研究室と琉球びんがた普及伝承コンソーシアムは、昨年度先に包括連携を締結し、琉球古典舞踊の衣装として、代々伝わる琉球びんがたを羽織って演ずるという企画鑑賞等を実施いたしました。
この度、琉球料理保存協会も加わった三社による包括的連携を行い、「伝統」と「革新」によるイノベーションを目標とした、琉球王国時代の理念と美を追求して参ります。

 

 

一般社団法人琉球伝統芸能デザイン研究室 代表理事 山内 昌也
公立大学法人沖縄県立芸術大学教授
県無形文化財「沖縄伝統音楽湛水流」保持者

 
 

一般社団法人琉球びんがた普及伝承コンソーシアム 代表理事 屋冨祖 幸子
琉球びんがた事業協同組合理事長
伝統工芸士

 
 

一般社団法人琉球料理保存協会 理事長 安次富 順子
沖縄の食文化・琉球料理研究家
安次富順子食文化研究所所長

 

 

琉球びんがた道具箱

お問い合わせ

  • facebook
  • instagram

メールマガジンのご登録

page top